ふこいだんを肌に塗って保湿する

冬場はなぜ肌が乾燥するかですが、それは空気が乾燥しているからになります。いくら肌に水分があったとしても空気が乾燥しているのでどんどん肌の水分が奪われてしまいます。そのためどんどん水分を失います。水分が失われると肌がカサカサになります。新陳代謝もうまくいかないためにしわができたりシミができたりする場合があります。保湿して一定の水分を保つ必要があります。保湿のためのクリームなどを利用することがあります。しかしクリームの中には体に合わなかったりして必ずしも使えるものばかりではありません。ふこいだんを成分としたタイプのものがあります。それを肌に塗ることによって保湿をすることができます。ぬるぬる成分は保湿効果があり、肌表面に薄い膜を作った後それをキープしてくれます。普通のクリームは何度も塗る必要がありますが、何度も塗る必要がなくなります。

ふこいだんが腸内の善玉菌を増やす

腸内には善玉菌と悪玉菌があるとされています。どちらが極端に多いのが良いわけではなく、それぞれがハーフアンドハーフなのが良いとされています。善玉菌と悪玉菌が均衡していると腸の状態が良くなります。悪玉菌と言われる菌も体の中では一定の役割を持っています。それをなくすとその役割を担うものがなくなってしまいます。もちろん悪玉菌が増えすぎるのは最も避けないといけないことです。今の人たちで多い状況としては悪玉菌の割合が多い人です。善玉菌が少ない状態です。その他に日和見菌と呼ばれる菌がありますが、悪玉菌が増えると日和見菌も悪玉菌の見方をするとされます。ふこいだんは水溶性の食物繊維になります。大腸内で発酵することで、善玉菌のエサとなります。そうすると善玉菌を増やすようになります。善玉菌そのものではないですが、増やす効果が期待できます。

育毛効果が期待されるふこいだん

頭髪の悩みと言いますと長年男性のみと言われていました。主に男性ホルモンが影響するために、一定年齢になると徐々に薄くなってくることがあります。早い人だと20代、30代から少しずつ影響するといわれています。男性のみでなく、女性も頭髪の悩みを持つ人が出てきています。現代社会には多くのストレスがあり、女性もその影響を受けることで薄毛の状態になる場合があります。薄毛の問題はまだまだ不明なところが多く、人によって原因なども異なるとされています。いろいろな改善方法が研究されていますが、ふこいだんを利用した育毛の研究がされています。海藻には育毛を促すたんぱく質が入っているとされていて、ふこいだんを採取する原料となるガゴメ昆布は特にその効果が期待されています。これから研究が進めば多くの人が利用できるかもしれません。

NEW エントリー

記事はありませんでした

PAGE TOP ↑